【歌词】【转载】《蛙楽》及翻译

发布于 2019-06-07  227 次阅读


转载自THBwiki的歌词:蛙楽

夜道で鳴いたのは誰の声
响彻夜路的是谁人的声音

山の中を駆けて 育つ子には
奔跑在山间的小孩子
怖れ 知らず 知らず 生きて来た
生来便 不知畏 不知惧 亦不识老虎

潜り抜けた鳥居 蝉の声も
穿过了鸟居 而那蝉鸣声
知らぬ間に 消えて
还没被注意到便消失了

人知れず 泣いていた蛙が
同样无人知晓的 那群哭泣的青蛙

「いっせいのせ」でざわめき
「齐声叫出来」般叽叽喳喳
「かえろかえろ」と後ろ髪引く
「快回去吧快回吧」别再恋恋不舍啦

小指と小指
我们俩的小指
ほら結んで開きましょう さぁ
就这样拉钩约定好了哟

鳥居の先に 内緒の隠れ里
在那鸟居的背后 只属于我们的秘密基地
何をして遊びましょう
不管是什么都来尽情游戏吧


小石が水を切り 向こう岸へ
石子划过水面弹向对岸
何度 跳ねて 跳ねて 届くのか
究竟打 几个漂 几个漂 才会上岸呢

むきになって競って 気が付いたら
不断地尝试着 回过神来
一人ぼっちで 石を握っていた
才发现已只身一人 还攥着一颗石子

今は等間隔とうせんぼう
大家都来围出同间距的圈
お目目お手手ごっつんこ
手贴手 眼望眼 头顶头

かごめかごめよ 手の鳴る方へ
笼中鸟哟笼中鸟 快循拍手的声音来

鬼さんこちら
鬼小姐快往这儿来
お家へお送りしましょう さぁ
就让我送你回家吧

こちらを見ずに おいでやおいでませ
只是还别睁开眼 快些来呀快些来

(誰が鳴いた 誰が鳴いた?)
谁在叫唤着 谁在哭唤着?

夕焼け小焼けで日暮れ(誰も知らず 誰と知れず)
落日时分夕阳摇摆(不被人知 人皆不知)
おうちへほら(家へ帰る 森へ変える)
往家的方向(向着家去 却又折到森林)
かえりましょかえりましょ
回家吧 离开这个地方吧

鳴いた鴉が(川へカエル 水へカエル)
趁着乌鸦们叫声 (回到河川的家)
全て消えてしまわぬ前に
还没有完全停下 (回到水中的家)

最後に遊びましょう(土に蛙)
这最后的时分再一起游戏吧 (蛙归土)
一生一度の鬼ごっこさ
一生仅此一次的捉迷藏
逃げろ 逃げろや こっちにおいで
快逃吧 快逃呀 我这就过来啦

命短し 赤い靴はだれのもの? さぁ
既然人生苦短 谁还穿着红鞋子呀
捕まる前に お家へ帰りなさい
趁还没被抓到 不如赶紧回家去

「昔々」で 始まる物語なんて
“在很久很久以前发生的” 那样子的故事
碌でもないさ 忘れてしまいなさい
自是毫无意义的 就请把它忘掉吧

笑い声がピュウと風に乗って消えた
无数笑声嗖的一下就随那风声散去了


坎坷之路,终抵群星,偶像黄昏,长眠之处。