原曲:《锦鲤抄》
作曲:银临 / 编曲:灰原穷
日语填词:卿晓 / 演唱:暴暴雪×匀子 / 翻译:明-音
填词修改:KOKO(我的大学班主任)、酚酞(我)

木陰に揺れている
在树荫下摇曳着的
さくらの花が開いた
樱花花开放了
どんな物語を
会讲述着
語るのかな
怎样的故事呢

花の流れる川
漂着花朵的河流
赤く夕焼けを映した
映着赤红的晚霞
ぼんやりとした思い
回忆渐渐模糊
まだ残ってるか?
是否还有残留?

真っ白に 咲いたのは 最後の思い
最后的思念 雪白地绽放着
真っ赤に 落ちたのは 最初の出会い
最初的相遇 鲜红地飘落着
この心を桜色に
将这颗心染上樱色的
染めるのは君の温もり
你的温度
長く長く運命に
在漫长的 漫长的命运的长河中
響いてる 回ってる 果も知らずに
不断回响 不绝如缕

捨てられない気持ち
无法舍弃的感情
澱のように溜まっていく
如沉淀般慢慢堆积
気づけないのままに
不知不觉中
埃になる
化作尘埃

雨で思い出した
在雨天回想起来的
息を奪う優しさを
温柔 令人窒息
いつでも触れるように
为了随时都能感受到
胸に刻む
而铭记于心

真っ白に 咲いたのは 最後の思い
最后的思念 雪白地绽放着
真っ赤に 落ちたのは 最初の出会い
最初的相遇 鲜红地飘落着
この心を桜色に
将这颗心染上樱色的
染めるのは君の温もり
你的温度
長く長く運命に
在漫长的 漫长的命运的长河中
響いてる 回ってる 果も知らずに
不断回响 无法休止

いつかは 消えてしまうでしょう
总有一天 我会消失的吧
それなら また会えるかな?
那样的话 还能再见到你吗?

散り紛うさくらの色に
漫天飞舞的樱花色
終焉を告げるメロディー
是宣告终焉的旋律
声を出せないとしても
即便无法出声
さよならの 言葉は きっと聞こえるよね
我的告别 你肯定能听见吧

木陰に揺れている
在树荫下摇曳着的
花が咲いた
花开了